ライザップイングリッシュのコースはどんなもの?英会話コースとは?

ライザップイングリッシュ

風変わりなTVCMで話題を呼んでいるライザップイングリッシュですが具体的にどのようなコースがあるのでしょうか?

短期間で成果を出すのがライツップイングリッシュのキモですが一体どのようなコースがあるのか興味があるのではないでしょうか?

コースの内容について詳しくお伝えしていこうと思います。

ライザップイングリッシュのコースは大きくわけて2つあり、英会話のコースとTOEICのコースがあります。

今回は英会話のコースの説明をしていきます。

ライザップイングリッシュ英会話スキルアップコースについて

英会話スキルアップコースは生徒がどの程度の英語レベルになりたいか?ということをベースにして組み立てられています。

そのための受講レベルとしては5つあります。各レベルの具体的な説明は
下に書いてあります。ライザップイングリッシュ公式HPから引用しました。

Pattern Speaking 1

基本的な英語でのやり取りや質疑応答ができる

英会話の基礎をできるだけ短期間で習得したい方
文法が分からなくても、まずは話せるようになりたい方
簡単な応対が英語でできるようになりたい方

におススメです

Pattern Speaking 2

日常や海外旅行において様々な表現を用いて自分の意見を述べることができる

中学レベルの文法や単語は知っているが、いざ話す場面になると英語で言葉がでてこない方、英語で自分の気持ちや意見を述べることができるようになりたい方英会話における表現力を強化したい方

におススメです。

Listening

日常や海外旅行において相手が話している英語を聞いてそのまま理解できる

特に英語で会話する際に、リスニングに不安のある方。
相手の話している内容の、要点をしっかり理解できるようになりたい方
リスニングの学び方が分からず、リスニング力の向上に壁を感じている方

におススメです。

Communication 1

仕事など身近なトピックにおいて意思表明や情報交換などを行うことができる

中級レベルの英語知識を持っているが、実践の場で英語を話したり・聞いたりすることができない方
まずはビジネスのシチュエーションにおける基本的なコミュニケーションができるようになりたい方
ネイティブに近づく発音矯正で「伝わる英語」の強化をしたい方。

におすすめです。

Communication 2

ビジネスなどのシチュエーションにおいて問題解決のための議論を行ったり、詳細の報告ができる。

ビジネスの場において、より速いスピードで英会話が行えるようになりたい方。英語で、発展的なビジネスコミュニケーションが行えるようになりたい方。
ネイティブに近づく発音矯正で更に「伝わる英語」を身に付けたい方。

におすすめです。

あなたがライザップイングリッシュでどのレベルを目指していきたいか?はわかりませんが、ビジネスで英語を活用していきたいと考えるならば目指すレベルは pattern speaking I とかⅡではないことははっきりしているのでは? やはりビジネス英語を本格的に鍛えるのならばある程度の基礎力が必要なことは間違いがありません。

ライザップイングリッシュの英会話コースではCEFR-Jを採用

CEFR-Jとはそもそも何か?

この英会話コースのレベル分けですが、CEFR-Jの基準に基づいています。

「CEFR(セファール)」とは、外国語のコミュニケーション能力を表す指標のことで、欧米を中心に広く使われている国際標準規格です

この欧米の規格を日本人に合うようにカスタマイズしたものがCEFR-Jです。文部科学省もサポートしているようです。

CEFR-Jがどう作られているかを示したのが下の図になります。


かなり入念なリサーチが行われている様子ですね。自分もいままでCEFR-Jという基準は知りませんでした。

CEFR-Jは欧州共通言語参照枠(CEFR)をベースに、日本の英語教育での利用を目的に構築された、新しい英語能力の到達度指標です。CEFR-J の指標は、「言葉を使って何ができるか」ということを文章で明示する、can do という能力記述子(descriptor:デスクリプタ)を用いて記述されています。かつ、すべての項目をさまざまな調査結果を用いて検証したデスクリプタで構成されています。

ライツップイングリッシュで目指しているものはCEFR-Jがベースになっています。

A1.1/ A1.2 /A1.3 /A2.1 /A2.2/ B1.1/ B1.2/ B2.1 /B2.2 /C1 /C2 の 11のレべルがCEFR-Jにはあります。

ライツップイングリッシュで目標としているレベルは11のレベルから下から3つ目と上から3つ目の範囲内ということで、まったくの初心者と全くの上級者を対象にはしていないということです。

CEFR-Jをより詳しく見てみる

それぞれのコースが基づいているレベルと求められる内容はは以下の通りです。
CEFR-Jには「聞くこと」、「読むこと」、「やりとり」、「発表」、「書くこと」がありますが、読むこと、書くことは会話コースの対象外なのでここでは書きません。

Pattern Speaking 1

CEFR-J A1.3

「聞くことのレベル」

ゆっくりはっきりと話されれば、自分自身や自分の家族・学校・地域などの身の回りの事柄に関連した句や表現を理解することができる

(買い物や外食などで)簡単な用をたすのに必要な指示や説明を、ゆっくりはっ
きりと話されれば、理解することができる。

「やりとりのレベル」

趣味、部活動などのなじみのあるトピックに関して、はっきりと話されれば、簡単な質疑応答をすることができる。

基本的な語や言い回しを使って,人を誘ったり,誘いを受けたり,断ったりすることができる。

「発表のレベル」

前もって発話することを用意した上で、限られた身近なトピックについて、簡
単な語や基礎的な句を限られた構文に用い、複数の文で意見を言うことができ
る。

前もって発話することを用意した上で、日常生活に関する簡単な事実を、簡単
な語や基礎的な句を限られた構文を用い、複数の文で描写できる。

Pattern Speaking2 A2.2

「聞くことのレベル」

スポーツ・料理などの一連の行動を、ゆっくりはっきりと指示されれば、指示通りに行動することができる。

視覚補助のある作業(料理、工作など)の指示を、ゆっくりはっきりと話されれば、聞いて理解することができる。

「やりとりのレベル」

簡単な英語で、意見や気持ちをやりとりしたり、賛成や反対などの自分の意見を伝えたり、物や人を較べたりすることができる。

予測できる日常的な状況(郵便局・駅・店など)ならば,さまざまな語や表現を用いてやり取りができる。

「発表のレベル」

写真や絵、地図などの視覚的補助を利用しながら、一連の簡単な語句や文を使って、自分の毎日の生活に直接関連のあるトピック(自分のこと、学校のこと、地域のことなど)について、短いスピーチをすることができる。

一連の簡単な語句や文を使って、意見や行動計画を、理由を挙げて短く述べる
ことができる。

Listening A2.2

「聞くことのレベル」

スポーツ・料理などの一連の行動を、ゆっくりはっきりと指示されれば、指示通りに行動することができる。

視覚補助のある作業(料理、工作など)の指示を、ゆっくりはっきりと話されれば、聞いて理解することができる。

Communication 1 B1.1

「聞くことのレベル」

外国の行事や習慣などに関する説明の概要を、ゆっくりはっきりと話されれば、理解することができる。

自分の周りで話されている少し長めの議論でも、はっきりとなじみのある発音であれば、その要点を理解することができる。

「やりとりのレベル」

身近なトピック(学校・趣味・将来の希望)について、簡単な英語を幅広く使って意見を表明し、情報を交換することができる。

個人的に関心のある具体的なトピックについて、簡単な英
語を多様に用いて、社交的な会話を続けることができる。

「発表のレベル」

使える語句や表現を繋いで、自分の経験や夢、希望を順序だて、話しを広げなが
ら、ある程度詳しく語ることができる。

自分の考えを事前に準備して、メモの助けがあれば、聞き手を混乱させないよ
うに、馴染みのあるトピックや自分に関心のある事柄について語ることができる

Communication 2 B1.2

「聞くことのレベル」

自然な速さの録音や放送(天気予報や空港のアナウンスなど)を聞いて、自分
に関心のある、具体的な情報の大部分を聞き取ることができる。

はっきりとなじみのある発音で話されれば、身近なトピックの短いラジオニュース
などを聞いて、要点を理解することができる。

「やりとりのレベル」

病院や市役所といった場所において、詳細にまた自信を持って、問題を説明する
ことができる。関連する詳細な情報を提供して、その結果として正しい処置を受
けることができる。

駅や店などの一般的な場所で、間違った切符の購入などといったサービスに関
する誤りなどの問題を、自信を持って詳しく説明することがで
きる。相手が協力的であれば、丁寧に依頼したり、お礼を言って、正しいものやサービスを受けることができる。

「発表」

短い読み物か短い新聞記事であれば、ある程度の流暢さをもって、自分の感想
や考えを加えながら、あらすじや要点を順序だてて伝えることができる。

自分の関心事であれば、社会の状況(ただし自分の関心事)について、自分
の意見を加えてある程度すらすらと発表し、聴衆から質問がでれば相手に理解
できるように答えることができる。

ライザップイングリッシュの最上級クラスと言えどもネイティブレベルの英会話力は目指していないということがわかりますね。まぁ、ビジネスのレベルですので、100%の英語は求めていないということかもしれませんが

ビジネスで生かすためには最低どのレベルを目指すべきか?

Pattern spaking Ⅰ、Ⅱはあくまでも日常レベルの会話が中心です。
ビジネスでは相手がわざとゆっくりと話してくれることは基本的にはありません。

また話す内容のトピックがかなり限定されるために、ビジネスで使われる専門的なやりとりには対応ができなくなるかもしれません。

理想を言えば、最上級のC2レベルを目指すべきですが、C2 レベルの内容を教えることができるコースはライザップイングリッシュの中にはありません。

C2レベルの会話力の指針は下に書いてあります↓

いかなる会話や議論でも無理なくこなすことができ、慣用表現、口語体表現を
よく知っている。自分を流暢に表現し、細かい意味のニュアンスを正確に伝えることができる。表現上の困難に出会っても、周りの人に気づかれないように修正し、うまく繕うことができる。

使われるシーンが限定され、また相手がゆっくりとしたスピードで話すことが前提になりますがかろうじて、「Communication 1B1.1」のレベルで最低限の役には立つかもしれません。

理想を言えばCommunication 2 B1.2のレベルです。ライザップイングリッシュの会話の最上級のレベルですが、これを目標とするべきですね

ライツップイングリッシュの英会話スキルアップコースの価格はこんな感じ

2つのコースとももしあなたが普通のサラリーマンですと一括で支払うのには少々厳しい金額ですね。でも分割で支払うやり方もありますので何とかなるそうな金額ではあります。ですので、目標とするレベルをトレーナーと相談して慎重に決めたほうが良いですね。

なりたい姿を明確にしてライザップイングリッシュで目的を達成しよう!

ライツップイングリッシュのレベルは全くの初心者を脱したくらいのレベルから
上級者に手が届くくらいのレベルの人を対象にしています。

達人を目指すレベルの人も全くの初心者から始める人も、一緒に走ってくれるトレーナーとともに英語の勉強の習慣づけをすることろから始めるのもよいのではないでしょうか?

ライザップイングリッシュの英語プログラムは達成のレベルの基準が細かく決まっているので勉強を継続するにしても達成イメージが付きやすいですね

ライザップイングリッシュの英語プログラムに興味がある方はこちら↓



ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

ライザップイングリッシュ
ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました