SIM方式での英語の音読方法を実践してみました

未分類
Pocket

今回の投稿を企画したきっかけは書店で手に取った「60万人が結果を出した、ネイティブ思考英会話トレーニング」を手にとり、うんうん、やはり英会話にはネイティブの思考が必要だよね・・

と改めて思ったことがきっかけでした。

で、どのようなノウハウなのかな?と興味を持ち、自分でも実践をしてみた結果結構使えるのでは?と思いましたので、紹介をさせていただきます。

今回参考にした本について

今回参考にした本「60万人が結果を出した、ネイティブ思考英会話トレーニング」
は昔有名になり売れたスーパーエルマーという教材の開発者の息子さんが書かれた本になります。

アマゾンの口コミを見ますと賛否両論ですがここで提唱されている理論は
あくまでも王道の理論であり、新しく英語の勉強を始められたかたや
再開された方には結構役に立つ内容なのではないかと思います。

ダン上野Jrさんの先代のご尊父、ダン上野さんのSIM方式という勉強法で高校時代に英語の偏差値が2ヶ月で15も上った記憶があり、再び読み直してみました。
今、なお色褪せず、実践的です。
目に見えて効果が実感できるのでモチベーションも保てます。
まだ英語の勉強法に悩んでいる方はぜひ一読される価値はあると思います。

 

何か目新しいことが書いてある訳ではなく、英語を語順通りに理解する(返り読みしない)ことの重要性を説いた本です。
スーパー・エルマーという通販教材のトレーニング法の紹介がメインですので、この本だけで英語力がアップするとは考えないほうがいいでしょう。スーパー・エルマーの購入に迷っている人が判断材料として買にはいいのではないでしょうか。

教材の宣伝本じゃない?という辛口のコメントもありますが、中身のノウハウは王道ものです。

SIM方式の英語学習法とは何か?

ここでSIM方式の英語学習法がどういう特徴を持つのか?
ということを整理していきますね。

受験勉強とは違う方式

SIMの英語学習方式はTOEIC、英検、大学受験の方式とは全く異なります。

街の書店にはさまざまな英語検定試験の対策本が並んでおり
検定試験の勉強に熱をあげる人が多いのですが、日本人の英語力はそれほど
あがっているようには思えないのでですが。。

テクニック思考だけではなく、何か本質的なことを
変えていく必要があるのではないでしょうか?

語順が英語と日本語では違う

「60万人が結果を出した、ネイティブ思考英会話トレーニング」の61ページには

2つの日本語と英語の例文が記載されています。

英語

We are delighted to have found a perfect partner in SK food.

日本語

我々はSKフーズという最高のパートナーを見つけることができて
とてもうれしく思っています。

という2つの文を比較してわかることですが、語順が全然違います。

我々はという意味の単語が冒頭に来ているのは日本語と英語は同じなんですが
日本語ではSKフーズが2番目に来ているのに対して、英語では一番最後に来ています。

英語と日本語の語順が全然違うことはここで覚えておかなければなりません。

返り読み方式は効率が悪い

で、英語を正確な日本語に直すときには、どうしてもSKフーズのような英語を先に訳さなければならないことになり、非常に面倒です。

正確な日本語に訳すためにこのような訳しかたをしているとすればスピードも落ちます。TOEICのような試験を受けるときにも大変不利になってしまいます。

英会話でも後戻りのクセが悪影響を!

先ほどのSKフーズ。。。の英文を例にとると、我々はSKフーズを。。。を英語で話すときにwe の後に SKフーズをもってこなければならないと考え、We Sk foods と英語で話してしまい、ネイティブにはチンプンカンプンになってしまいます。

日本語のクセは英語をしゃべるうえでは厳禁です。

SIM方式の音読はこんな方式!

このような不具合を避けるためにSIM方式は考案されました。

SIM方式は英語の語順を優先して訳す方式なので、日本語に訳すときに
発声する返り読みが起こりません

そういう意味で非常に理にかなったやり方です。

英語の語順をベースにして英語を話しますので
英会話も楽になります。

リーディング、リスニング、スピーキングの順番でトレーニングを行う

SIMの英語学習ノウハウではリーディング、リスニング、スピーキングの順番で
学習を進めます。

英文を読むことで「返り読み」のクセを無くし、そのあとでリスニングの学習を行います。

リスニングの訓練はスピーキングのためのインプットです。どのような言葉を話すかというインプットがないとアウトプットとしてのスピーキングもできないからです。

SIM方式での英語音読方法を実践してみた

ここでは実際にテキストに書かれている、例文の課題を行ってみました。

1.housand of people were watching

何千人もの人々が見守っていた

2.When Titanic left England

タイタニック号が英国を出発したときに

3.For America

米国に向けて

4.On its first voyage

その最初の航海で

1-4までの文節は一つの文章を練習しやすいように4つに切ったものです。

それぞれのセンテンスごとに第一段階として以下のことを繰り返します。

A,英語を音読する

B.日本語を黙読する

この段階が終わった後は第二段階として以下のことを繰り返します。

英語だけを音読する

これがSIM音読の流れになります

このSIM音読方法は極めてシンプルなもので、すぐできます。非常にあっさりした感じで終わりました。

ただし最初は正式な日本語の語順ではないので相当な違和感はあるかもしれません。

ただしこのテキストでは一回繰り返したのみでは十分ではないので
このプロセスを何度も行うことが推奨されています。個人的にも繰り返えしは必須と思います。

SIM方式での英語音読方法についての感想

日本人が英語を学ぶ上で日本語と英語の語順の違いが一つの大きなネックになることは同意いたします。

最初のステップとして英語の順番に従って日本語を訳していくことは確かに
不自然です。

ですが何回も繰り返していくだけでこの違和感がだんだんとなくなっていくので英語の感覚が次第に身についていきます。

ただしあくまでもこの練習を初歩の段階で何回も繰り返すのは良いのですが
いずれは大量の英文を自分で読んで英語の感覚を自分の意識に刷り込ませていくことが
必要になります。

この教科書の巻末にはSIM音読の教材であるスーパーエルマーの宣伝があります。

VOAコースとCBSコースがあります。英語放送でSIM音読を実戦という教材です。

以下の口コミにもありますようにこの教材をやりこんで英語の達人になったという意見もあります。

SIM方式の英語教材の口コミについて

良い口コミ

頭から訳していく方法は身につくととても有意義で以後の英語の勉強に大変役にたった。最近は簡単なドラマは字幕なしでも全く問題なく、地方のアクセントも苦にならなくなっている。

今回参考にした本「60万人が結果を出した、ネイティブ思考英会話トレーニング」の理論通りの結論が出ていますね!

私は、この教材を1000回以上聴きました。電車の中、散歩中、娯楽中、とにかく生活の全ての中で、繰り返し聴きました。
内容は「完全暗記」のレベルに達しました。その翌年、米国の大学院に進学し、その後、米国で長く働きましたが、スーパーエルマーが、私の英語力のバックボーンになりました。

ただこの人にように1000回も聞くよりは、いろいろな英語を読んだり書いたりして
英語での情報を自分の中に取り込んだ方が効率が良いような気がします。

TOEICは900代半ば、会話は特殊な語彙以外は普通に行える現状ですが、まだまだネイティブとの差は大きく、題材が新しくなったこちらに先月から取り組んでいます。内容は素晴らしいと思います。直聴直解する力が伸びますし、リピーティングやシャドーイングを通じて、話す流暢さも改善が見込めると感じます。難があるとすれば、一年じっくり取り組めるかでしょう。

 

悪い口コミ

ニュースを教材としているためやむを得ないと思いますが、やはりトピックが古いため、ここは割り切らないといけないと思います。特に経済動向や技術革新に関するトピックは特に古く感じ、良くも悪くも過去を懐かしむくらいの感覚で取り組む必要があります。

ニュースを教材としている以上、やはり時間が経つにつれて古くなってしまうことは避けられないですねー

 

SIM方式の教材はTOEICスコアの上昇にも効果あり?

SIM方式の教材ですが後戻りのクセを無くして英語のままで理解するというSIM方式の学習教材はTOEICスコアを上げるうえで絶大な効果があります。

このコンセプトによる英語教材はTOEICとよほど相性が合うのでしょう。

TOEIC満点をとる人が数多く出ているようです。

TOEICのリーディングパートは他の市販の教材に任せるとして、リスニングについてはSIM方式のスーパーエルマーが即効性がありそうですね。

 

SIM方式についての教材についてのまとめ

個人的なおすすめとしては本付属のCDでSIMの音読の方法を知り、もうすこしSIMの方式で学習したくなったら教材を買ってみても良いかと思います。

自分で多くの英語情報をとるために英字新聞や英語放送を聞き始めるという方法でも全然OKで、自分としてはむしろこちらをおすすめします。

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました