英検準1級のレベルは?この資格を取ることであなたは何ができるのか?

英会話に関する悩み
Pocket

今回の投稿では英検について取り上げることにします。TOEICやTOEFLより昔からある文部省管轄の「英検」です。

準1級は英検1級に次ぐ資格なので、1級取得をを目指す人がまずは目指すステップとして人気がありますよね

「準1」とはどのようなレベルなのでしょうか?

もしあなたが英会話スクールで英語を学ばれている場合に、英検準1級はあまりなじみのない試験かもしれません。

純国産の試験ですので、英会話スクールの外国人の講師の間ではあまりなじみがないかもしれませんが、TOEICが普及するまでは英語の資格試験の代表ともいえる試験でした。

英検と英検準1級の位置づけについて

まず最初は英検ってどんなもの?ということを簡単に説明していきますね

実用英語技能検定(じつようえいごぎのうけんてい、英: EIKEN test)は、公益財団法人日本英語検定協会 (Eiken Foundation of Japan) が実施する英語技能の検定である。一般に英語検定または英検と呼ばれる。 英語に関連する検定としては日本では最も長く行われている

英語の検定試験としては一番古いものになると思います。

検定の種類としては5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7種類があります。

長年、英検1級を取得すれば一応英語の力としてはそこそこのものを持っているとみなされてきましたが、TOEIC、TOEFL、Versantなどの他の検定試験の普及につれて、昔ほどの存在感はなくなってきたように思えます。

しかし依然として影響力はあるようですね。

英検準1級ですが、7つある英検のレベルの中でも上から2つ目にランクします。

英検準1級の受験者数と合格率

 

英検準1級の合格率は以前は公開されていたようなのですが、2015年を最後に公開されなくなりました。

ですので最新の合格率はわかりません。

ですので過去の合格実績をもとに推定するしかありません。

 

https://jqos.jp/minkan/jitsuyoeigoginokentei#p03 より引用

上の表からわかるように2012年~2014年の英検準1級の合格率は15%程度で推移しています。

100人中15人が合格するわけですので、それほどの難関ではないようですね

頑張れば合格するレベルの試験の様ですね

英検準1級の試験形式と合格レベルについて

 

それでは英検準1級の試験形式を詳しく説明していきますね

英検準1級には1次試験と2次試験の二つの試験があります。

1次試験が終了しないと2次試験は受験することができません。

1次試験は筆記試験とリスニングの試験です。

2次試験は面接の試験です。面接官との一対一の試験になります。

1次試験の内容について

筆記試験(試験時間90分)

1.短文の語句空所補充(文脈に合う適切な語句を補うもの) 25問

2.長文の語句空所補充(空所に文脈に合う適切な語句を補う) 6問

3.長文の内容一致選択(内容に関する質問に答える)    10問

4.英作文(指定されたトピックについて作文する)      1問

リスニング

Part1 会話の内容一致選択(会話の内容に関する質問に答える) 12問

Part2 文の内容一致選択(パッセージの内容に関する質問に答える)12問

Part3 Real-life 形式の放送内容に関する質問に答える      5問

2次試験について

面接試験(試験時間 8分)

自由会話 面接官と簡単な日常会話を行います

ナレーション 4コマのイラストの展開を説明する

No.1 イラストに関連した質問に答える

No.2 とNo.3 カードのトピックに関連した内容についての
質問に答える

No.4 カードのトピックにやや関連した社会性のある内容についての質問について答える

となっています。

英検準1級と他の英語資格試験との対比について

英検準1級は、国産の英語試験ですが
種々の国際英語試験と比べてどの程度のレベルにあるのか?

ということを明らかにするために文部省が比較表を作っています。

この比較表で確認しますと

英検の準1級というのは

ーTOEICL&Rテストの990点満点中740-820点に相当するレベル

ーTOEFL ibtでは42から94に相当するレベルとのことです。

また表の一番左側にはCEFRという記載が見られますが、この記載について説明をします。

CEFRはセファールと読みます。

CEFRとは・・・・

ヨーロッパ言語共通参照枠(ヨーロッパげんごきょうつうさんしょうわく、英語: Common European Framework of Reference for Languages:CEFR(セファール[1])あるいはCEF、フランス語: Cadre europeen commun de reference pour les langues:CECRL)とは、ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドライン

とのことです。

この基準はヨーロッパでの言語の習得状況を評価するために作られました。

ヨーロッパでは英語以外にも多くの言語があり、EUが一つの経済圏として
まとまるにつれて各言語の習得状況を図るための基準が必要ではないか?

との考えが根本にあります。

英検準1級はCEFRのB1-B2に相当するレベルです。

B2
自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。

母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。

B1
仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。
その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近な話題や個人的
に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。

B1はビジネスで使うには心もとないレベルですが、B2になれば実務で使えるようなレベルにはなりそうな感じですね。

B1-B2の範囲ということで該当する範囲は広いのですが、準1級はかろうじてビジネの現場で使える英語能力を持つということが言えると思います。

英検準1級を採用の基準としている会社にはどのようなものがあるか?

英検準1級がどのくらい世間で使えるのか?ということをチェックする目的で
転職サイトを確認してみました。

貿易会社A

必須要件
・TOEIC(R)テスト750点以上または英検準1級以上、または同等以上の英語力
・日商簿記検定3級以上、または同等能力が必要な環境での経験(売上処理、支払処理、見積書作成、月次管理など)
・Office 操作(Word、Excel)が問題なく使える方。

某都市計画事業会社B

<応募資格>
【国内部門】
・大学卒業以上
・上記分野で5年程度以上の実務経験のある方
【国際部門】
・大学卒業以上
・上記分野で5年程度以上の実務経験のある方
英検準1級あるいはTOEIC730点程度以上の語学力を有する方

自衛隊予備自衛官技能公募(英語)

外国語短期大学等以上卒業者(注4)又は実用英語技能検定(英検)試験準1級以上若しくはこれと同等以上の能力(注5)を有する者

のように英検準1級の取得者は完ぺきな英語力ではありませんが、実務で使えるレベルの英語力とみなされているようです。

ですので就職、転職のために英語を磨いていきたいと考えている人は、まずは英検準1級を目安に頑張っていくのもありだと思います。

最終的には英検1級を最終目標にして頑張っていくのもありだと思いますが、英検1級の試験はなかなかハードルが高い試験です。

英検1級はTOEIC900点を取る以上に難しく、合格率は10%以下と言われています。

英検準1級を最初のステップとして考えるのもまずはありなのではないでしょうか?

英検準一級のサンプル問題

どのような問題が出るかイメージが付かないかもしれませんので、
以下にサンプルをあげておきます。

短文の語句空所補充

 

長文の語句空所補充の問題

https://passnavi.evidus.com/gaibukentei/eiken/taisaku/j1k/より引用です。

英検準1級の中でもほんの一部の抜粋ですがいかがでしたでしょうか?

個人的に大学受験の英語をしっかりと勉強された方ですと素養はあるとおもいますので
苦労せずに合格点は取れるのではないかと思います。

 

次は実技試験(2次試験)の詳細になります。

以下も公式ホームページからの引用になります

「問題カード」を受け取る

面接委員から指示文と4コマのイラストが印刷された「問題カード」が手渡されます。

ナレーションの考慮時間(1分間)

面接委員から「問題カード」の指示文を黙読し、ナレーションの内容を考えるよう指示されます。考える時間は1分間です。

ナレーション(2分間)

面接委員から指示されたら、「問題カード」の指示文に従って4コマのイラストについてナレーションを始めてください。ナレーションの言い出し部分は「問題カード」に印刷されていますから、必ずその言い出し部分を使って、ナレーションを始めてください。ナレーションの時間は2分間で、それ以上続く場合は、途中でも中止させられます。

8:Q&A(No. 1)

ナレーションが終わると、面接委員が質問をしますから、答えてください。質問は、No.1からNo.4まで4つあります。答える際には、「問題カード」を見てもかまいません。

 

話す内容が試験会場で初めて分かり、即興で話し始めなければならないところが少し緊張するところかもしれませんね

 英検準1級をクリアするためには?英会話スクールの活用がカギか?

いままでみてきたように英検準1級はビジネスの場ではある程度評価される試験なので、この資格を取得すればある程度つぶしがきくと考えて受験される方も多いかもしれませんね。

英検準1級の問題としては筆記試験(リスニング試験含む)と実技の試験があります。

筆記試験については英検準1級のいろいろな参考書もでていますので、マイペースで学習はできるのですが、問題は実技の試験です。

過去の試験の例を見ればおわかりのように、試験でしゃべる内容については当日知らされることになり全く準備ができません。

まず何よりもしゃべる訓練を積まないことに話にもなりません

しゃべる訓練に関しては相手がいなければ英会話スクールで地道に実践していくしかないです。

日本では数多くの英会話スクールがありますが、英検の合格対策をやってくれる英会話スクールはあまりないようですが、相手に向かって英語で話すという訓練を手軽につむことができるのは、やはり英会話スクールですね。

英検準1級の実技試験は話す内容も特に難しいものが求められているわけではありません。

話す内容については過去の問題集をチェックすれば傾向がつかめますので、あとはいかに試験会場でリラックスして話すことができるかどうかが勝負になります。

万全の体制になるまでに英会話スクールで訓練をつむのが良いかと思います。

 

 

 

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました