TOEICで転職に成功?具体的な戦略とは?

英会話に関する悩み
Pocket

令和の時代になり、会社と従業員の関係もますますドライなものになり始めました。トヨタ自動車や日立などのきなみ終身雇用は維持できないと言い始めており、サラリーマンのキャリアも会社任せではなく自分で切り開いていくという意識が求められます。

ますますシビアな時代になりつつありますが反面チャンスでもあります。英語力を求める企業は増加していますので、英語力をアピールして転職することも多くなっています。

この記事ではTOEICで高得点を取ることが転職に役に立つのか?転職を成功させるためにはどのような戦略を使えば良いのか?ということを解説していきます。

TOEICのスコアと社会の評価

今やビジネスパーソンに欠かせない能力として挙げられているのが英語力です。
TOEICの試験には「読む」、「書く」の能力を計測するLR試験テストと話す、書くの能力を試験するSWテストがありますが、企業で使われているのはSW試験の方です。

TOEICの試験のスコアを昇進とか新規採用の条件にする企業が増えているようです。

以下は最近の企業のTOEICに対する対応の変化です。

日揮→係長クラスへの昇進にはTOEIC730点以上が必要

三菱自動車→管理職への昇進にはTOEIC700点が必要

パレスホテル→全社員が対象の英語スピーキングテストを年2回実施

日産自動車→大学生の新卒採用はTOEIC730点が条件

ファーストリテイリング→2012年から英語を公用化へ。外国人社員が参加する会議やメールは原則として英語になる

三井住友銀行→TOEICやスピーキングの試験への受験料補助

パナソニック→TOEIC受験直前対策、プレゼンテーション、eメール、交渉術などの研修あり

楽天→12年から英語を社内公用化。社員集会や会議は原則として英語

JAL→新卒社員には入社3年以後のTOEIC730点以上取得を義務付け

ですのでTOEICの試験が今後の英語力を図るスタンダードになるのは間違いがありませんね。

 

転職市場ではTOEICの高得点についてどのように考えられているのか?

どのようにTOEICがどのように評価されるのか?

 

■英語の読み書きに抵抗がない方(TOEIC 500点以上または同等のスキルレベル以上の方)※海外顧客とのやり取りが発生します。

上記は転職の求人情報に出てくる代表的な文言です。転職の際には専門知識や職務経験の他に英語力が求められる時がよくあります。

転職にあたり専門知識や経験が前提になることは前提なのですが、専門知識や経験が同等もしくはやや劣ったとしても、英会話の能力があれば専門知識や経験がすこし足りなくても多少は多めに見てもらうことが可能になるということですね。

これは転職先の状況が英会話の能力をどれだけ重く見ているか?ということが大きく影響することになります。

 

やはりTOEICの高スコア所持者の割合は少ない

2020年1月の試験の結果をみてみますと、TOEICスコア740点に満たない人が8割を占めます。

逆に言うと740点を超えることができれば上位20%に入ることができるのです。

この上位20%の比率が転職希望者にも適用されるとするならば、TOEIC730を超えれば英語の面をとれば、転職希望者の上位2割に入ることができますので、選考の上では非常に有利になります。

TOEICの点数のみが転職で評価されることは少ない

とはいえ、なにも職務経験とか特殊技能がないのにTOEICのスコアのみで転職活動が順調に進むことはありません。

先方が求める職務経験を持っていることがまずは最低の条件になります。それに加えて+αで英語力があれば鬼に金棒で転職市場を有利に勝ち抜くことが可能になります。

TOEICの点数は転職市場で万能の武器ではないということに注意してくださいね

TOEICで転職に成功した個人的な経験

私自身の個人的な経験でのTOEICで高得点をとり、海外事業部に移動して、海外事業の経験を積んだあとで、米国系IT企業に転職することができました。

その当時のTOEICの点数は既に800点半ばをこえていましたが、自分の採用の決め手になったのはやはり類似分野での営業経験があったということですね。

 

転職の武器としてはまずTOEIC730点が当面の目標

TOEICのテストを運営している国際ビジネスコミュニケーション協会の資料によりますとかろうじて実務に使える英語能力の証明が730点のようです。

TOEIC730点

どんな状況でも適切にコミュにケーションができる素地を備えている

通常会話は完全に理解でき、応答も早い。
正確さと流用差に個人差があり、文法上、構文上の誤りがある場合見受けられる場合もあるが、意思疎通を妨げる程度ではないとあります。

パーフェクトに英語ができるというレベルではありませんが、この段階のスコアを
求める求人先が多い様です。

転職TOEICスコア:700~800
TOEICのスコアが700~800点あれば、転職の際に選べる仕事の幅がかなり広がります。国際部門でのTOEICスコア目安が700なので、十分な英語力を証明できるでしょう。日本国内の企業であれば十分ですが、外資系企業を目指すのであれば、やっとスタートラインというレベルです。

700以上のスコアだと、こちらも幅広い業種で募集がありますが、職種を見ると「総合職」「海外営業」などでの応募条件となっている場合が多いです。

転職TOEICスコア:800以上
TOEICが800以上あれば、応募できる外資系企業の数もかなり増え、国内企業であればほとんどの基準を超えます。職種も基本的に海外とのやり取りを行う部署になる可能性が高いです。

ただし、TOEICスコアだけ高くても、話すことができなければ即戦力としては不十分と判断されることもあるでしょう。読み書きに加えて、話すことも鍛えることを怠らなければ、大企業への転職もすぐに叶います。

800点を目指すのも良いですが、最初はステップを踏んで着実にいくのが良いでしょう。

ですので転職をまず成功させるにはTOEIC730点を超えるのが戦略として良いですね

TOEIC730点を取得するための戦略

TOEICの項目別正答率について

まず行ってほしいことは過去に受けたTOEICのスコアシートの分析です。

スコアシートにはTOEICのリスニング分野のスコアとリーディング分野のスコアが表示されています。

その下にはレベル別評価の一覧表があります。
リスニング、リーディングのそれぞれについて受験者の評価一覧表が書かれています。

これは受験者の良いところ悪いところが書かれているのですが、その下にある項目別正答率の表が重要です。この表はAvailability measured といい、通称アビメといいます。

アビメの中身はこんな感じです。

 

リスニングセクション

短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる(対応TOEICパート1,2)

長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる(対応TOEICパート3,4)

短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる(対応TOEICパート1,2)

長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる(対応TOEICパート3,4)

フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる(対応TOEICパート3,4)

リーディングセクション

文書の中の情報をもとに推測できる(対応TOEICパート7)

文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる(対応TOEICパート7)
ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる(対応TOEICパート6,7)
語彙が理解できる(対応TOEICパート5,6,7)
文法が理解できる(対応TOEICパート5,6)

となっています

アビメにはリーディングとリスニングのパートごとに5項目があり、各項目ごとにそれぞれの受講者が何点とれたのか?受講者の平均は何点か?ということが示されています。

あなたがTOEICの試験を受けた時に、あなたが何パーセントのスコアが取れたのか?

が受験者の平均のスコアは何点なのか?ということが把握でき、力を入れて勉強しなければならないTOEICのパートが明らかになります。

それであなたのTOEICでの弱点が判明した後に、問題集で弱点の補強をしていくことが必要になります。

弱点の補強の中でも速攻性を持つのが文法、語彙の習得です。知っている、知らないで
正解できるかどうか変わってきますので、これは必ずやっておいた方が良いですね

どうTOEICのスコアを上げていくのか?

TOEICの主催団体である公式問題集はかなりオススメになります。全パートの
問題が収録されています。

値段は少し高いですが、公式問題集とは思えない編集のやりかたで、なぜこの選択肢が
正解で、この選択肢が不正解なのか?詳しく説明されています。

TOEICの問題にはある一種のクセがあり、そのクセを踏まえた勉強をしていくことが高得点につながります。

例えば言い換えのパターンです。

リスニングの問題が流れ、その問題に対応する回答の選択肢の中で同じ単語が使われることはほとんどありません。

言い換えの例を一部あげておきますね

自動車
Car
Vehicle
automobile

喜んで~する
Be happy to do
be delighted to do
be pleased to do

~するのに専心している
be committed to doing
be dedicated to doing
be devoted to doing

このような単語を頭の中にいれておき、すぐに対応ができるようにしておけリスニングの試験で余計な時間を使わなくてもよくなります。

また頻出する表現も重要です。

表現を覚えておけば、フレーズを見た瞬間に何が問われているかを瞬時に判断でき
無駄な時間を使わなくても良くなります。

例をあげますと

話し手は聞き手に何をするように頼んでいますか?
What does the speaker ask the listener to do ??

添付されているものは何ですか?
What is included as a attachment?

TOEICの試験ははっきり言って量が多いです。試験場で無駄な時間を使わず、回答に使う時間を極力すくなくすることで高得点が期待できます。

TOEIC700点を超えるためのおススメ教材

今回ご紹介する教材はある程度の英語の基礎があることを前提にしています。
問題集をやることでTOEICの形式に慣れ、高得点をとる戦略になっています。

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6  国際ビジネスコミュニケーション協会

まず最初に取り組むべき本ですね

公式問題集で自分の課題を見つけた後、以下に紹介する書籍で掘り下げていきます。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問  アスク; 第2版

TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター Jリサーチ出版

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC(R) L&Rテスト 頻出英単語  すばる舎

今回ご紹介した問題集はいずれも定評のあるものばかりです。問題集を中心とした勉強をすることにより、短期間で転職の武器を勝ち取りましょう!

 

TOEICの対策をメインにした英会話スクールも短期の転職にはおすすめ

いままでに紹介したTOEIC得点アップのためのノウハウは参考図書のみ推薦していましたがこの項では英会話スクールの情報を紹介させていただきます。

今回紹介するのはTOEICの対策を行っている英会話スクールの中でも英語コーチングスクールという範疇に入る英会話スクールです。

この英会話スクールでは英会話の上達コースとTOEICのスコアアップコースの2つのコースがあるのですが今回紹介をしたいのがTOEICのスコアアップのコースです。

英会話スクールのTOEICのいずれのコースでもマンツーマンのコーチが付き、ゴール設定から日々の学習の進捗管理までしっかりと行ってくれます。

TOEICの参考書で勉強するのもコスパが良いのでお勧めなのですが、確実にスコアアップしてより良い条件での転職をされたい方には、英会話スクールでTOEIC対策の講座を取ることをおすすめします。

理由は自分で勉強していて間違った方向に行くと修正がなかなかききません。

ですのでプロの目を利用して、自分が間違った方向にいっていないかチェックをしていく必要がありますね。

定評のある英会話スクールのTOEICクラスを紹介していきますね

ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュはダイエットで有名なライザップグループの英会話バージョンです。

TOEICのリーディング、リスニング通じて英会話の基礎をつくります。英会話の基礎のみならず、TOEICスコアの短期的な向上にも役に立つ英会話スクールです。

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

 

プログリット

英語の学習は良質な自習からをコンセプトにマッキンゼー出身の社長が立ち上げた英会話スクールです。

プログリットのTOEICコースは語彙力、読解力、リスニング力を養成することにより英会話能力の基礎をつくることができる英会話スクールです。

TOEICの傾向を常に分析しているので、短期間にスコアアップが可能になります。

英語留学のその前に、理論から始める【PROGRIT(プログリット)】

 

トライズ

トライズのTOEIC対策プログラムは2ヶ月でスコアを劇的に向上させる英会話スクールプログラムです。TOEICの出題傾向を徹底的に分析し、確実にスコアアップを目指します。1日3時間の学習がノルマになります。

TOEIC(R)L&R TEST対策プログラム | コーチング英語スクール「トライズ」
トライズのTOEIC(R)L&R TEST対策プログラムは、専属のコンサルタントと講師のサポートの下、2ヶ月でTOEIC(R)L&R TEST対策の学習を行う、コーチング英語スクールです。

 

今回紹介した3つのTOEICコースを持つ英会話スクールですが、受講費用はそんなに安くはありません。ただし何がなんでもTOEICのスコアをアップさせて転職を成功させたいと考えている人は、数ヶ月で元が取れる可能性がありますので、腹括りができている人は今回紹介した英会話スクールの受講を検討して見ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました