英語の多読に改めて挑戦してみました!最初は絵本から

未分類
Pocket

英語の力を付けるためには、いままでは基礎的な単語力と文法を身に着けてあとは
実践の会話経験を積んでいくノウハウが一般的でしたが、今回紹介するノウハウはただ英文を多読することで英語の力がついていくというものです。

スピーキングの訓練もなしに英語の力がついていくという、にわかに信じられない話なのですが、なぜ多読で力がついていくのか?自分で多読を実践した結果について
レポートをしていきますね。

英語の多読とはどんなことをやるのか?

 

多読とは大量の英文を毎日読んでいくという訓練になります。

特に今までの訳読、英文を丹念に読み込んでいくというやり方とは全く違うものになります。

英文のジャンルには色々な分野のものがありますので、自分のすきなジャンルのものを選べば良いでしょう。

英文を毎日大量に読み続けるだけで信じられないようなことが起きていきます。

英語の多読はなぜ有効なのか?

文法の学習もしない、単語の学習もしない英語の多読がなぜ有効なのでしょうか?

おそらくおおきな原因は多読による英語のインプット量が学校での英語学習に比べて多読では比較にならないほど大きいということが上げられます。

日本で生まれ育った日本人が英語を学ぶ際には外国語として英語を学びます。

第二言語習得理論の大前提は「インプットなしにアウトプットをすることができないというものです。

人間の記憶の仕組みからインプットされたものが全てアウトプットに回ることは考えにくいです。

ですのでできる限りインプットを増やすことが必要になります。

多読はそのためのインプットを増やすための手段として有効なものになるからです。

また単語、文法も英文を読む量を増やすことにより、自然に増やすことができることは次の項でも説明をしていきますね

TOEICの対策なしでTOEICの点数があがるって本当

多読を進めている書籍である、「英語多読 すべての悩みは解決する」繁村 一義 (著), 酒井 邦秀 (監修), NPO多言語多読 (その他)によりますと、

絵本の多読と過去問だけでTOEICの200~300点のスコアアップを成し遂げた人が何人もいるらしいです。


大量の英文を読むことで英語の感覚や単語が身に付き過去問をやるだけで、TOEICスコアを大幅にアップすることができたとのことです。

自分も過去にTOEICを始めて受験したときは、ジャパンタイムズ等の英字新聞や
TIMEなどの英文雑誌を大量に読んでいましたので、かなり英語の感覚がついたうえで
受験して800点をらくらくクリアすることができました。なのでこのノウハウ自体はかなり使えるのではないかと思います。

英語の多読のノウハウについて

 

今回使わせていただいている本「英語多読 すべての悩みは解決する」によりますと

多読のノウハウの基本は3つにまとめられるようです。

A.3原則

1. 辞書は捨てる

2. わからないところは飛ばす

3. 合わないと思ったら投げる

B.大量の読みやすい本から始める

C.仲間を作る!

とのことです。

A.の3原則ですが、一目見たところかなりいい加減なように聞こえますがなかなかこの
方針は外れていないと思います。

まず、1の辞書は捨てるということですが辞書をいちいち引いて読むのはスピードが落ちますので同意します。

2. わからないところは飛ばす

3. 合わないと思ったら投げる

は本を読むのに余計なストレスがかかっては楽しく多読ができません。楽しくやるためにはやはり必要かと思います。

 

B,大量の読みやすい本から始める

C.仲間を作る!

も楽しくスピードを付けながら多読していこうということで納得です。

Cの仲間を作るのが少しハードルが高いところです。

最近はコロナ騒ぎで人との接触を控える動きがありますので
まずはSNSからでも良いでしょう。

大量の英文を読むはまずは負荷の小さいところからスタートするのが良いですね。

そのために今回選んだのが子供向けの絵本です。英国で出版された本でネイティブの子供向けにかかれている本です。

外国人の自分がいきなり大人向けの本を読むにはかなりハードルが高く、子供向け本のほうが入りやすいと考え、子供向けを選びました。

英語の絵本の多読はここからスタート

Oxford owlというサイトは子供向けの読みものをまとめたサイトです。

3歳から11歳までの子供向けの本が読めるサイトになります。

会員登録すれば無料で読むことができるサイトになります。

今回多読のために選んだのはこのサイトです。

今回選んだのは「incredible animal]という本になります。

美しい写真で動物、昆虫のくらしが絵になる表現で書かれています。

この本をみてまず感じることは写真がまず美しいということです。

写真に沿ってストーリーが展開されるので、理解が本当に進みます。

これは最初のページになります。辞書は使わないことを念頭に置いていきます。

There are so many colors in nature.

Plants ans animals use colors for many different reasons.

What are they trying to say? Are they hiding ? or are they showing off?

colors are used to send different messages.

色がどのように自然界で使われているかについて色の使い方の例で丁寧に説明されています。

to hide, to be seen, food eat, to warn off, to hunt

などです

下のページを見てください

きれいな花にミツバチが止まっています。

Flowers need bees to carry their pollen to other flowers.

they use bright colors to attract their bees.

自分ではPollen という単語がわからなかつたです。

でも心配はいりません。写真を見ればPollen という単語は理解できます。

ああ、pollen とはこういうときに使われるのかと。

また次のページを見てみまししょう

you cant see me hunting

some animals called predators, hunt other animals.

Some animals sneak up on their prey.

They use their colors to blend in their surroundings.

いきなりPredetors という英語が出てきました。

人によってはわかりにくい英語かもしれません。

でも大丈夫です。

Predetor のあとにしっかり説明があります。hunt other animals です。

個人的にはアメリカのアクション映画の「プレデター」を思い出します。

Predetorという単語は大人向けの単語かと思っていましたが、幼児向けの
絵本にも出てくるとわかり、びっくりしました。

またPrey という単語もわかりませんでした。

これも注意してみると、Predetorと対になっている単語とわかります。

このように幼児向けの絵本は辞書なしでも理解が進むように
配慮がされていますので、多読の最初の段階にはおすすめです。

英語の絵本を読んでみて感じたこと

英語の感覚をつかむのに最適

幼児の英語とは言え、外国人の論理とフィーリングで書かれていますので
英語にどっぷりつかるのにおすすめです。フィーリングの違いに最初は戸惑うかもしれませんが

やはり量をこなせばモノになるかも?と思い始めた。

今回は一つの本だけでトライしてみましたが、一つの本読んでみるのに時間はそんなにかからず、量をこなすことができます。

数をこなせば、一つの文章を訳読するよりも、英語の感覚は身に付きますし
単語力も増えるのでは?と思いました。

辞書は不要

絵本を読み進めるうちにわからない単語がどうしても出てきますが、
わかるように説明がなされています。

ですので、辞書を無理に引くことはなく、意味は自然にとることができます。

これで勢いをつけて大人が読むペーパーバックにもチャレンジ!

オンラインの絵本で英文を読む感覚をつけたあとは、
大人向けのペーパーバックにチャレンジしていきたいと思います。

もし相性の悪い本に出合っても投げれば良いのですから、気楽に進めていきたいですね

英語の感覚を身に付けていくことは後々大きな武器になっていきますので

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました