海外赴任で英会話が必要!短期でマスターできる?

英会話に関する悩み
Pocket

海外赴任というのはもともと本人が英語ができるのが前提?という感じで考えていたのですが本当はそうでもないみたいですね。

赴任させる会社の方も昔は本人の事情を色々と考えていたようなのですがいまではそうでもないみたいですね。

英語ができずにやむなく海外赴任をさせられる人にとってはとんでもない話なのですが
困る状況とはどのようなものなのか?

細かく分析していこうと考えます。

海外赴任で英会話が必要になったケース。。悲痛な声

英語ができないのに海外赴任になった人いますか?

英語ができない(マシなのは読みぐらい)のに、欧州に海外赴任になり、今月旅立ちます。
職場は英語ですが、日常生活は現地語です。

英語もできないのに、現地語を学ぶことも求められていて、頭がいっぱいいっぱいです。

その上、内向的な性格で、初対面の人と盛り上がるような趣味もなく、職場に馴染むのにも時間がかかるタイプで、日本にいても会話が元々苦手です。
泣き言を言いたい気持ちです。

現在、夫が単身で海外赴任しているのですが約1ヶ月半経った今も聞きとるのもままならないようです。

最近になり週2で英会話の家庭教師も手配できたのですが先生のドタキャンもありなかなかレッスンもままならないようです。

あと2ヶ月位で先輩社員の後釜としてやっていかなければいけない状況なのに今では上司から「(英語が)わからないならもういい!」と完全に突き放されてしまい、このままでは夫が鬱になってしまうのではと心配でたまらない状況です。

のような悲痛な声が聞こえてきます。

自分の今までの経験ですと、社員を海外赴任させるにあたり、TOEICで高得点をとったとか(自分の場合です)英語がうまいという確証がないと海外赴任をさせなかったと思うのですが、最近では余裕がなくなってきたのでしょうか?

海外展開を考えている企業に勤めている個人にとってはなかなか厳しいシチュエーションですね

海外赴任で英会話が必要になるシチュエーションについて

それでは海外赴任に際してどのような状況で英語が必要になるのでしょうか?

ひとつづつ見ていきたいと思います。

現地スタッフのマネージメント

海外赴任はそもそも日本会社が海外に拠点があるケースで
本社の人間を赴任させてマネージメントを行う必要がある場合に
行われます。

現地のスタッフとのコミュニケーションのために専属の通訳を雇うなんて言う余裕がある会社は今は考えられるでしょうか?

現地の会社の役員ならばまた可能性はあったかもしれませんが、それ以外の社員だと専属の通訳がいる可能性は低いでしょう。

マネージメントのためには積極的にコミュニケーションをとっていく必要があるのですが英語ができなければその可能性は低いでしょう。

情報収集

日本の本社の人間を海外に駐在させる目的の2つ目として現地の情報収集があると思います。

情報というのは現地でのマーケットの情報が挙げられると思います。

いまやWEBの時代で必要な情報は日本からでも取れてしまう時代なのですが、現地での人間的なつながりからとることのできるアナログの情報は貴重です。

このような情報は生身の人間からとるしか方法はないので、ここでも英語ができることが必須になります。

またドキュメントはWEBに掲載されているとは限りません。

大量の英文を短時間の内に読み込む作業が必要になるのです。

取引先との交渉

3つ目の目的として取引先との交渉です、

大型の案件等、直接社員が訪問して交渉を行わなければならない場面はどうしても出てきます。

この場合は相手の言うことをそのまま聞いて、その場で即答ができなければなりません。

かなりハードルが高い仕事になるのですが英語ろくにできない人間にこのような仕事が務まるのでしょうか?

英語が全くできないとやはりキツイですよね・・

海外赴任に奥さんを連れていくときの対応は?

次に考えておかなければならないのは海外赴任に奥さんを連れて行かなければならないケースになります。

自分のことだけ考えていれば良いのですが、奥さんのことを考えなければならないことは本当に頭が痛いです。

こちらも知恵袋で興味深いやり取りが出ていましたのでここに紹介をさせていただきますね

夫が海外赴任が決まったのですが、私はそれで離婚を考えてます。

現在日本に住んでいます。
夫が今年3月頃からアメリカに海外赴任になるのですが、私を断固連れて行くといいます。
(子供いません)

夫は英語が喋れますが私は英語が喋れません。

会社から語学研修があったので通学していますが中学の英会話もできていない
状態。むしろ英会話が苦痛になっています。

嘘のような話なのですが本当にこういうことがあるのですね

奥さんの場合は、海外赴任者の奥さんが他にいれば情報交換ができるのですが、地域によっては全くいないいうことも考えられます。

まぁ、奥さんの場合はビジネスで英語を使いこなすわけではないので旦那さんの場合比べてそれほど状況は深刻ではないと思いますが、外とコミュニケーションをとることができず、ストレスをため込むことがあることは注意が必要ですね。

家の中にばかりずっといることのストレスはあまりあるものがあります。

もし英会話が海外赴任までに上達しなかったらこういうことが起こる

でもし、英会話の上達が間に合わなかった場合どのようなことが起こるのでしょうか?

想像してみましょう

現地のスタッフとのコミュニケ―ションをとることができず、お客さんとも腹を割った話ができない。

現地のマーケット情報をタイムリーに日本に届けることができない

ということにもなればせっかく日本から多くの費用をかけて駐在させたにもかかわらず
業績を上げることができず、評価も急降下ということになりかねません

英語の十分なトレーニングを本社が提供してくれなかったからだ・・

という言い訳は通用しないでしょう。

海外赴任の前に短期で英会話をマスターするための戦略とは?

それでは、数か月という短期間が渡航までに残されているとして
実際どのようなアクションをとっていくべきでしょうか?

危機感をあおる

赴任までに時間があまりなく、期限内に英語の進捗を見ることができなければ
この会社での将来は考えられない!

というところまで自分を追い込んでいくべきでしょう

英語で求められるレベルを想定する

現地で求められる業務の内容をイメージします。

メインになるのは営業なのか?マネージメントなのか?

市場調査なのか?

それとも全部なのか?

その業務を遂行する谷に必要な英語のレベルはどの程度なのか?

細かいレベルでの把握が必要になります。

自分の現在の英語レベルを把握する

上記の理想を踏まえるとあなたの現状の英語力はいかがでしょうか?

海外赴任時に求められる業務であなたの目的は達成することはできますか?

学習計画立案と進捗管理

現状の英語力と理想の英語力のギャップを把握し、そのギャップを埋めるための
学習計画をたてて日々実践します。

あっさりと書いてしまいましたが、英語力のギャップを把握して学習計画を立てること自体、独学でやろうとするならば非常にハードルの高いことかもしれませんね

海外赴任の前の英会話習得には英語コーチングスクールが最適?

海外赴任前という短期のうちに英語力をつけることは一人ではなかなか難しいことかもしれません。

英語コーチングスクールではあなたの専属のトレーナーが一緒に英語学習の目的を設定し進捗管理まで二人三脚で行います。

自分ひとりではなかなか難しいと思うあなたにおススメの英会話教育機関です。

関心があるようでしたらチェックしてみてくださいね

 

ライザップイングリッシュ

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

トライズ

【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

プログリット

英語留学のその前に、理論から始める【PROGRIT(プログリット)】

 

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました