英語の速読の効果と速読のやり方について考えてみた

英会話に関する悩み
Pocket

20年位前は英会話をやるのに速読なんて必要なの?という論調がまだまだメジャーのようでしたが最近では速読について認識が少しは変化してきたのでしょうか?

速読をうまくやるにはどうすれば良いの?という質問が増えてきたように思えます。

もしあなたが速読なんて関係ないと考えていたとしたら、少しその考えを変えたほうが良いかと思いますので、速読の効能についても整理していきたいと思います。

速読はどんな効果があるのか?

英会話と速読

外国人と会話をするのになぜ速読が必要なの?という人は考えを改めたほうが良いかもしれません。

インプットなくしてアウトプットはできないというのは英語だけに当てはまるものではない、普遍の法則です。

GIGOという言葉があります。garbage in garbage out という意味です。

元々はコンピュータシステムの英語なのですが、ゴミの(情報)をいれればゴミ(の情報が)が出てくるという意味です。

良質なアウトプットをするためには良質なインプットをする必要がありますね。

プアなインプットではプアなアウトプットしか出てきません。

インプットなんて不要、しゃべる訓練だけしておけばよいなんていう意見にはあまり説得力を感じません。

そのようなことをおっしゃる人は何でいいから内容のない英語を喋れば良いとでも
思っているのでしょうか?

英語の情報量をどんどん増やしておけば会話のネタに困ることはありません。

外国人と会話していちばんくたくたになるのは情報量の不足が原因です。

単語力を増やすための速読

英語の速読は単語力を増やすためにも有効です。

このブログの別の記事で単語力を増やすためは単語集の活用もありとの
記事をかきましたが、単語集の活用よりも効果が高いのはやはり速読になります。

大量の英文を速読することにより、単語が使われている状況と一緒に頭の中に
焼き付けることができます。

英文を早く読めば読むほど単語に巡り合う頻度は高くなりますので、辞書を引かなくても単語の意味を類推することができるようになります。

生きた文脈の中で覚えた英語ですのでなかなか忘れません。

単語集でコツコツ覚えるのも一つの方法かもしれないのですが
実際の文脈で覚える方がなかなか忘れませんので、この方法のほうが遠回りのようで
実は近道かもしれませんね。

英語は早く読めば読むほど理解度が増す?

じっくり読むことと、速読すること 理解が早いのはどちら?という質問になりますが
この質問に対する回答は学問的に見て決着がついていません。

だらだらと読むよりも時間を区切って読んだ方がかえって集中しますので、結果的に理解度が増すことがあるかもしれません

英語の速読を始めるための準備について

速読を始めるには基礎的な英語力、単語力が必要になります。
少なくとも高校卒業レベルの単語力、文法力がないと速読を続けていくのは難しいと思います

TOEIC730以上をとっていれば何とか速読にはついていけます。それまでは
基礎的な力を付けるようにしてください。

基礎的な力がないのに速読を開始しても、英文の意味がまったくとれないのでストレスがたまる結果になります。

速読の時わからない単語が出てきたときにはどうするか?

 

速読を始めて必ず出てくるのが、どうしてもわからない単語が出てくるということです。
もし知らない単語が出てきたとしても気にせずに読み進むことです。

英文の意味は7割理解できていればよしとしましょう。

単語には調べる意味がある単語と調べてもあまり意味がない単語が
あり、調べる意味がある単語をキーワードといいます。

キーワードは英文1つあたり1-2です。そのキーワードがないとどうしても文章の意味が分からない場合を除いて、辞書は引かないことです。

いちいち辞書を引いてますと、スピードが落ちます。

英語の速読の実践例について

最新のNews weekのWEBから手頃な記事が出ていたので
試しに速読を行ってみました。

写真が出ているので理解は比較的容易でした。辞書は引いていません。

 

SOUTH CAROLINA WOMAN KILLED IN ALLIGATOR ATTACK DRAGGED UNDER WATER BY 10-FOOT LONG REPTILE DURING DEATH ROLL

he alligator that killed a woman in South Carolina earlier this month was reported to have clenched her leg with its jaw before performing a twisting move known as a death roll, while she was waist-deep in a pond behind her friend’s home on Kiawah Island, around 25 miles outside Charleston, according to an additional report from the Charleston County Sheriff’s Office.

Cynthia Covert, a 58-year-old resident of Johns Island who was reported to be about 5-feet tall and around 100 pounds, lost her grip on a rope thrown to her by witnesses who tried to pull her out.

Covert was reported to have calmly said “I guess I won’t do this again,” while clutching the rope just moments before she disappeared into the water. She was dragged under water by the 10-foot alligator, which was estimated to weigh around 400 to 500 pounds, the report said.

When firefighters, deputies and first responders arrived a short while later, her body did not surface for around 10 to 15 minutes before it appeared briefly with the alligator still clenching her leg. The alligator dragged Covert underwater again before they both reappeared, at which point a deputy was reported to have shot the reptile several times with his 9mm service pistol, which eventually killed the alligator.

Deputies, firefighters and other first responders arrived a short time later, but say they saw no sign of the alligator or Covert for 10-15 minutes after getting there. Covert’s body finally surfaced across the pond, with the alligator still holding her by the leg. It quickly dragged her back under water, deputies said.

When the alligator resurfaced with Covert’s body again, a deputy fired several shots from his 9mm service pistol, killing the alligator and allowing first responders to retrieve Covert’s body, according to the sheriff’s office.

Covert’s body was retrieved intact from the water but had several wounds on her left leg. She was reported to have drowned and her death was ruled accidental.

The alligator was reported to have lived in the pond along Salt Cedar Lane for 20 years, according to the South Carolina Department of Natural Resources (SCDNR). No evidence that people had been feeding the alligator was found, the department notes.

The alligator was reported to have killed a deer a day before the latest incident in the same spot where Covert was attacked, according to her friend, who said Covert came to do her nails.

“When Covert was doing her [the friend’s] nails on the porch she saw the alligator in the pond and was fascinated by the alligator,” according to the friend, the report said. “(She) stated after Covert was finished with her nails she went outside of the porch and was taking pictures of the alligator.”

The friend was reported to have started yelling for Covert to get back as soon as she spotted her on the water’s edge, urging that the reptile had snatched a deer from that spot “the other day,” to which Covert was said to have replied, “I don’t look like a deer,” the report said.

The friend also noted Covert was “very talkative and acting strange,” on the day of the incident. The friend explained “that at the salon Covert acts very professional but today she was very relaxed and excited that her boyfriend was coming from Tennessee to visit.”

Covert was reported to have arrived at the friend’s home with a glass of wine but the friend didn’t see her drink any more alcohol or take any other substances, according to deputies.

The latest is the third fatal alligator attack reported in South Carolina in four years. In August 2018, a 45-year-old woman was killed in an alligator attack on Hilton Head Island, while in July 2016 a 90-year-old woman died after an encounter with an alligator in a pond outside a care facility, the SCDNR reports.

 

https://www.newsweek.com/allegator-south-carolina-death-1502600 より引用

まず見出しを見た時に、alligator という単語が出てきて、そのあとでKilled という単語が出てきてますので、ああワニに襲われた事件なのか、という想像がつきます。

米国のサウスキャロライナにはワニがたくさんいるようです。

見出しに10-FOOT LONG REPTILE という単語が出てきました。

恥ずかしながらReptile とう単語がまだ自分ではピンときませんでした。

でもその直前にalligator という単語がでてきたので、ああalligator の言い換えなのか?という想像がつきます。

一度も辞書を引くことなく、文の7割の意味がつかめました。

7割の意味がうかめたらどんどん他の英文に移るべきです。数をこなせば英語の感覚が身に付きます。

また、clenched her leg with its jaw のなかのclenchedという単語がイマイチつかめませんでしたが、これもあごで足を??という想像を働かせればどういう意味かは想像がつきます。

ニューズウイークの英語と言えども意外と何とかなるものですね

このようにどんどん英文を多読すれば、理解の速さはゆきだるま式に加速することになりますね

英語の速読には何を読んだら良いのか?

まずは週間の英字新聞から

The Japan Times ST

Asahi Weekly

Mainichi Weekly

単語の解説もありますので、慣れてないうちはコチラから良いですね。

日刊の英字新聞では

読売新聞 The Japan News

The Japan Times -ジャパンタイムズ

があります

欧米発行の雑誌では

Time

Economist

があります。単語のレベルが週刊の英字新聞より高いですが
挑戦するなら早い方が良いかもしれません

よくある英語のテキストの例文はあまり速読には向いていません。情報量がある英語という意味では時事英語が盛りだくさんの英字新聞、英文雑誌が良いのではないでしょうか?

ライザップイングリッシュ

ダイエットプログラムで有名なライザップが英語学習分野に進出!結果にコミットするプログラムで英会話能力の向上を!

トライズ

限りなく正統派の英語学習プログラムです。英語を話せるようになるには楽ではありませんが1年かけて着実に身に着けていきます。

イングリッシュブートキャンプ

使える英語を徹底的に叩き込むイングリッシュブートキャンプ。週末の二日間で卒業させるプログラムは史上最短!

プログリット

英会話レッスンではなく英語学習のコンサルティングを提供

ホンダをフォローする
バイリンガルアカデミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました